着物の種類

牛首紬の買取相場はすごく高い!?売れた人の平均価格をまとめてみた

投稿日:

牛首紬(うしくびつむぎ)は、小紋などの着物と比べて高く売れるのをご存知ですか。

カジュアル着物の買取相場が千円〜2万円なのに対して、牛首紬は1万円〜20万円という高額査定が期待できます。

着物不況と言われているのに、どうして牛首紬は高く売れるのでしょうか。

この記事では、牛首紬が高く売れるワケをまとめました。

牛首紬とは?

牛首紬は、おもに石川県白山市白峰地区で作られている紬織物のことです。

釘に着物をひっかけたら、釘のほうが抜けるほど丈夫なため、別名で釘抜紬(くぎぬきつむぎ)とも呼ばれています。

本場結城紬、本場奄美大島紬とともに日本三大紬の一つとされており、紬好きなら一度は気になる存在でしょう。

1979年には石川県指定無形文化財、1988年には経済産業大臣指定伝統的工芸品に指定されており、日本を代表する伝統工芸品になります。

牛首紬の買取相場は十万円以上になる可能性が高い


牛首紬の買取相場は、数万円になることもざらです。

実際に売却した人に話しを聞くと、「思ったよりも高く売れた」という声が多くありました。

後述でも紹介しますが、希少価値の高い「加藤機業場」の牛首紬ともなれば、十万円以上の査定も期待できるでしょう。

牛首紬が高値で取引されているのは、なんといっても品の良さにあります。

最高級のおしゃれ着!品の良さが人気の理由

牛首紬は、普段着としては最上級の着物になります。

着物上級者やコレクターなどに根強い人気があり、着物不況と言われる現在でも、高値で取引されています。

フォーマルな場面では着用できない分、かなりの贅沢品とも言えるでしょう。

大島紬のように泥っぽい色合いではなく、優しい艶で明るい印象なため、都会に住むマダムにもファンが多いようです。

牛首紬が多くのファンを持つ理由は、見た目の良さ以外にもあります。

一生物だから高くても売れる

牛首紬は、三代先まで持つと言われているほど耐久性があります。

「ちょっと高いけど長く使えるなら…」という理由で、背伸びしてでも購入する人は少なくありません。

牛首紬の生地が強いのは、使われている糸に秘密があります。

強靭で特殊な糸が使用されているのですが、じつは今、原材料である繭(まゆ)が減ってるがゆえに、生産数にも制限がかかっています。

生産数が減って希少価値が高くなっている

牛首紬の買取相場が高いのは、存在自体が希少になっていることも理由の一つです。

牛首紬の糸は、玉繭(たままゆ)という特殊な繭からできていますが、現在ではかなり入手困難になっています。

玉繭とは?

玉繭(たままゆ)とは、2頭のカイコによってつくられた繭のことです。
1頭のカイコから作られる繭より強靭である一方、作りが複雑で糸にするには高い技術が必要になります。

原材料である玉繭を入手できても、それを解いて糸にし、1反の布にするまでには、20もの工程を重ねなければなりません。

牛首紬と名乗るには、以下の条件を満たさなければならず、相当な手間がかかることが分かります。

技術・技法
次の技術又は技法により製織された織物とすること。
先練り又は先染めの平織りとすること。
たて糸に使用する糸は生糸とし、よこ糸に使用する糸は「座繰り」による玉糸とすること。
よこ糸の打ち込みには、「手投杼」又は「引杼」を用いること。

原材料
使用する糸は、生糸又は玉糸とすること。

引用元: 角印・牛首紬オフィシャルホームページ

 

牛首紬は、製糸(のべびき)や製織(はたおり)など、ほとんどの工程が手作業でおこなわれています。

職人たちの高齢化が進み、後継者が少ないことも、生産数が減っている要因の一つ。

存在自体が希少になりつつある牛首紬は、中古であっても積極的に買取されています。

とくに高値が付くのは、全ての製造工程を手作業にこだわっている「加藤機業場」の牛首紬になります。

牛首紬の買取価格は証紙で見分ける


手持ちの牛首紬がどこで作られ、どのくらいの買取相場になるのかは、証紙の内容で見分けることができます。

牛首紬には、白山工房と加藤機業場の二つの製造メーカーがあります。

両者のうち高値が付きやすいのは、「改石牛首紬」といわれる加藤機業場で織られた紬になります。

改石牛首紬なら高額買取が期待できる

買取相場 数万円〜20万円

加藤改石(かとうかいせき)さんの工房「加藤機業場」で作られた改石牛首紬は、数万円〜10万円以上の査定額が期待できます。

改石牛首紬の着物や反物には、以下のような証紙が付きます。

改石牛首紬は、強靭でありながら柔らかな風合いをもち、多くの着物通がその繊細さに魅了されています。

ツヤ感が強い大島紬と、あたたかな結城紬の良いところを合わせた、中間的な存在だと言えるでしょう。

改石牛首紬の生地は、玉繭100%の緯糸(タテ糸)で織られており、筋が多めなのが特徴になります。

改石牛首紬の白生地は洗練された中に味があり、人間国宝の二塚長生さん(友禅)、 鈴田滋人さん(木版摺更紗)など、著名な染職人にも選ばれているほどです。

年間300反という数しか生産されない希少さも、改石牛首紬に高値がつく後押しになっています。

白山工房の牛首紬も数万円で売れる

買取相場 数万円〜10万円前後

白山工房の牛首紬も、数万円という高額買取が期待出来ます。

白山工房の牛首紬には、以下のような証紙が付きます。

高機(たかばた)による牛首紬

玉糸機(たまいとばた)による牛首紬


高機なのか玉糸機なのか見分けるには、牛首紬保証書の最初の一文を見てください。

高機の場合は、「石川県無形文化財により…」という文が入りますが、玉糸機の証紙にはありません。

表記に違いがある理由は、牛首紬に対する石川県無形文化財の指定条件にあります。

無形文化財の指定条件

  • 緯糸はすべて玉繭から直かに挽いた玉糸を用いること
  • 高機によること

石川県無形文化財に指定されているのは、昔ながらの高機の織り技法になります。

そのため、新しい技法である玉糸機で織られた牛首紬には、石川県無形文化財の表記ができません。

査定評価にも織りの違いは反映され、玉糸機で作られたものより、高機で織られた牛首紬のほうが高値で売れます。

牛首紬を高く売るためには保存状態が重要!?

たとう紙牛首紬の着物写真
高く売れる牛首紬ですが、劣化などがある場合は、どうしても査定額が下がってしまいます。

これまでの内容で、牛首紬は希少価値が高いことを説明したので、「少し寝かせておいたほうが価値があがる?」と考えた人もいるのではないでしょうか。

しかし保存状態によっては、寝かせておくことで価値が下がってしまうので注意が必要です。

牛首紬は、以下の方法で保管しないと、カビや虫食い、変色などが起きる可能性があります。

  • たとう紙につつむ
  • 桐箪笥、または桐箱に収納する
  • 年に2回は虫干しする

牛首紬は耐久性があるとはいえ、カビや虫食い、変色などには非常に弱いです。

たとう紙につつみ、桐製の衣装箱に収納することで、湿気や虫から着物を守ることができます。

注意ポイント

ダンボールは湿気を吸いやすく、カビや縮みの原因になるので収納に適しません。

湿気や虫から着物を守ろうと、防虫剤・乾燥剤を一緒に入れるのも、化学反応が起きて変色の原因になるので注意しましょう。

箔や証紙の上には、白布や和紙をあてることで、変色や色移りを最小限にすることができます。

着物を保管するうえで、忘れてはいけないのが「虫干し」です。

年に2回は着物をだして、直射日光が当たらないように風通しをしましょう。

虫干しの方法は、以下の記事で詳しく説明しているので参考にしてください。

(着物保管虫干しリンク)

-着物の種類

Copyright© 【元呉服屋が解説】着物買取りで損をせずに売るための3つのコツと注意点 , 2018 All Rights Reserved.