着物の種類

塩沢紬の買取相場は期待できない?高く売るために必要な条件とは

投稿日:

幻の紬とも言われている、塩沢紬(しおざわつむぎ)。

「もしかして高く売れる?」と、思った人も多いのではないでしょうか。

塩沢紬といえば、本場大島紬結城紬にならぶ高級紬の一つになります。

高く売れそうな気もしますが、実際に見積もり依頼をした人の中には、「800円にしかならなかった…」とショックを受けた人もいるようです。

数年前、祖母から塩沢紬を貰ったのですが、使い道がなく…。
処分するのも勿体無いのでリサイクルショップに持ち込んだところ、査定額はなんと800円でした。
良い着物だということは知っていたので、もちろん持って帰りました。

なぜ高級品である塩沢紬が、安く査定されてしまったのでしょうか。

この記事では、塩沢紬が安く買い取られてしまう理由と、高く売るための条件をまとめました。

塩沢紬とは?

塩沢紬とは、新潟県南魚沼市周辺で織られている絹織物のことです。

タテ糸には生糸・玉糸を、ヨコ糸には真綿手紡糸を使用しており、大島紬と比べて柔らかな手触りが特徴になります。

やや薄手でシャリ感があり、着込むほど体にフィットする着心地の良さが、通好みの織物です。

絣(かすり)の模様は、蚊絣(かがすり)・十字絣(じゅうじかすり)・亀甲絣(きっこうかすり)などがあります。

色合いも素朴なため、帯によってはオシャレ着にも普段着にもなります。

1975年に経済産業大臣指定伝統的工芸品に、2009年にはユネスコ無形文化財に指定されており、歴史的な価値のある織物です。

塩沢紬の買取相場は8千円〜10万円


着物専用のリサイクル店に、塩沢紬の査定について問い合わせてみると、8千円〜10万円が買取相場とのことです。

買取相場 8千円〜10万円

「塩沢紬なのに安く買い取られた…」という人は、売り方や着物のコンディションなどに、何かしら問題があった可能性があります。

安く買い取られるケースもある

塩沢紬ほどの希少な着物であれば、安くても1万円前後の見積もりになるのが普通です。

とはいえ状態が悪かったり証紙がない場合は、見積もりは下がってしまうそうです。

証紙がないと査定評価は下がる

証紙が無い塩沢紬は、査定額が大きく下がります。

証紙とは、簡単に言うと「品質保証書」のことです。

素材や産地、織り方など、重要な情報が書かれており、査定評価のヒントにもなります。

買取店側からすると、再販する際に証紙付きのほうが売れるので、買取時の証紙の有無は重要な査定ポイントになります。

状態が悪いのもマイナスポイント

カビ・縮み・虫食い・シミなどがあり、着物のコンディションが悪い場合、塩沢紬であっても安く買い取られてしまう可能性があります。

あまりにも状態が悪く、再販するのが難しいと判断された場合は、買取自体を拒否するリサイクル店も少なくありません。

呉服屋
とはいえ塩沢紬ほどの価値のある着物なら、多少のシミくらいなら許容範囲としている買取店もあります。

査定基準は買取店によって大きく違うので、あらかじめ問い合わせておくとよいでしょう。

買取店によっては数百円の見積もりに…

証紙があって状態が良い塩沢紬でも、買取店によっては数百円の査定になることがあります。

一般的なリサイクル店では着物の需要がなく、塩沢紬ほどの高級品であっても、なかなか売れないのが現状です。

着物の需要がないリサイクル店に持ち込んでも、数万円の高額買取は期待できません。

売る場所さえ間違わなければ、安くても数千円の値段は付くのですから、買取場所はしっかりと見極める必要があります。

塩沢紬を高く売るための3つの条件

塩沢紬買取相場ポイント写真
塩沢紬を高く売るためには、「証紙がある」「状態が良い」「専門の買取店を選ぶ」という3つの条件があります。

証紙がある場合は、その内容にも注目する必要があります。

証紙があるなら高く売れる可能性大

塩沢紬の証紙があるなら、1万円〜数万円という高価買取が期待できます。

以下のような証紙がないか、着物をだして確認してみましょう。

証紙がある場合は、赤印が押された登録商標名も要チェックです。

新潟県南魚沼市で作られている織物には、越後上布・本塩沢・夏塩沢があり、違いが分からないという人が少なくありません。

とくに、本塩沢のことを、塩沢紬だと思っている人が多いので、証紙の登録商標名をよく見てみましょう。

「本塩沢」と書いてあれば「お召し」、「塩沢紬」と書いていれば「紬の織物」です。

本塩沢お召しの場合は、写真のようなシボがあるのも特徴なので、見た目でもある程度は判断できます。

塩沢紬買取相場お召し写真

塩沢紬のほうが、若干ですが買取相場は高くなります。

塩沢紬によく似た「夏塩沢」という織物になると、買取相場は千円〜1万円ほどまで下がります。

夏塩沢は伝統工芸品に指定されていないため、以下のような伝統証紙が付きません。

引用元: 東北経済産業局

証紙があれば、それがどこで作られ、どんな工程で出来上がった織物なのか知ることができます。

自分が着物を購入するときも、産地や織元が分かったほうが、なんとなく安心できますよね。

販売する側としても、証紙があったほうが売り出しやすいため、査定には大きく反映されます。

「布切れだし…」と思って捨ててしまうと、着物の価値が下がってしまうので注意しましょう。

カビや経年劣化がないのはプラスポイント

塩沢紬の査定において、カビや色染みなどの経年劣化がないのは、かなりプラスポイントです。

高度な手織りの技術と、上質な生糸・玉糸が必要となる塩沢紬は、今では生産量が大きく減っており、幻の紬とも言われています。

そのため市場に出回っている中古の塩沢紬は、シミがあったり古いものが多いのが現状です。

大きな劣化がない塩沢紬は、貴重品として扱われるので、数万円という高額買取も期待していいでしょう。

もしも売るかどうか迷っているなら、着物の保管方法についても確認しておきましょう。

(着物保管方法リンク)

家に桐箪笥がない場合、着物にカビや虫喰い穴ができてしまう可能性が高いです。

保管状況が整っていないのであれば、価値が高いうちに売りに出すのも一つの方法です。

着物買取店なら難ありでも高く売れる!

シミや経年劣化がある塩沢紬でも、着物専門のリサイクル店なら、高く買い取ってもらえる可能性があります。

前述でも説明しましたが、塩沢紬は「幻の紬」と言われるほど希少価値が高いものです。

真綿から糸を手で紡ぐ「真綿引き」や、糸筋を整える「糸繰り」などの工程は、非常に手間がかかる作業になります。

呉服屋
1年に一反しか作れないという塩沢紬は、まさに職人たちの技術の結晶といえます。

着物コレクターの中には、「存在しているだけで価値がある」と、多少のシミは許容範囲だと言う人も少なくありません。

もちろん状態が良いに越したことはありませんが、シミや劣化が多少あったとしても、着物としては高く売れる部類になります。

注意ポイント

総合リサイクルショップに持ち込むと、少しでも状態が悪いものは処分品として扱われる可能性があるので注意しましょう。

シミありでも高く買い取ってくれるのは、塩沢紬の価値を知っている着物専門のリサイクル店のみです。

「ちょっとシミがあるけど…」と心配な人も、塩沢紬ほどの貴重な品なら、高く買い取ってもらえる可能性が高いです。

少なくとも「800円」というショッキングな査定額を提示されることはないので、一度専門のリサイクル店に見てもらってはいかがでしょうか。

-着物の種類

Copyright© 【元呉服屋が解説】着物買取りで損をせずに売るための3つのコツと注意点 , 2018 All Rights Reserved.