着物の種類

長襦袢・肌襦袢でも売れる?なっとく価格で買い取ってもらうための裏ワザ

更新日:

着物のインナーである、長襦袢や肌襦袢。

「どうせ売れないだろう…」と思っている人も、多いのではないでしょうか。

着物に比べると、長襦袢や肌襦袢は値段が付きづらいのは事実です。

しかし素材や状態によっては、数千円という思わぬ高値で売れるケースもあります。

この記事では、買い取ってもらえる長襦袢・肌襦袢の特徴と、査定額をアップするための裏ワザを紹介します。

肌襦袢とは?

肌襦袢は、簡単にいうと和装用の肌着のことです。

肌襦袢といえば上半身用で、下半身用の下着は「裾よけ」といいます。

最近では、肌襦袢と長襦袢が一つになった「うそつき着物スリップ」も人気があります。

吸湿性のあるガーゼ素材や、さらし素材で作られており、汗や皮脂から着物を守る役割があります。

長襦袢とは?

長襦袢は、肌襦袢と着物のあいだに着るインナーのことです。

汗や皮脂から着物を守る目的と、着崩れを防ぐという役割があります。

袖口や裾からチラッと見える長襦袢は、着物に合わせた色や柄を選ぶ必要があります。

安価なポリエステル製や、正絹素材のものなど、長襦袢の中にも格があります。

長襦袢・肌襦袢でも条件によっては買い取ってもらえる!

正絹の長襦袢買取写真
長襦袢や肌襦袢であっても、条件によっては買い取ってもらえます。

呉服屋
「長襦袢は売れない!」と書いているサイトもありますが、和装について詳しく知らない人の意見でしょう。

一言で襦袢といっても、素材や柄には違いがあり、売値が数万円のブランド物などもあります。

デザインや丈によっては数百円〜数千円で売れるのですから、処分する前に一度、査定に出してみてはどうでしょうか。

買い取ってもらえる長襦袢の特徴


手持ちの長襦袢が売れるのか知りたい人のために、買い取ってもらえる長襦袢の特徴をまとめました。

新品でなければ買取不可としているリサイクル店もありますが、正絹素材や洒落たデザインであれば、中古でも買い取ってもらえる場合があります。

正絹の長襦袢なら高値で売れる

さらっとした正絹の長襦袢は、中古品であっても高値で売れる可能性があります。

礼装用に正絹の長襦袢を購入したものの、一度しか使っていないという人も多いのではないでしょうか。

正絹素材が人気な理由は、着心地の良さにあります。

ポリエステル製と比べて肌触りがよく、身動きしやすいため、着物初心者から一歩先へ進んだ中級者以上に選ばれています。

汗をかいても肌にまとわりつかず、着崩れしにくいのも良い点です。

正絹の長襦袢であれば、中古でも需要があるため、数百円〜数千円の査定が期待できます。

高級品なら数千円以上の査定がつく<

高級ブランドや高級素材の長襦袢なら、数千円〜数万円という高額買取になる可能性もあります。

京友禅の老舗「岡重謹製」や、高級絹生地メーカーの「伊と幸」によって手がけられた長襦袢は、着物好きなら一度は袖を通してみたいもの。

「中古でもいいから欲しい」という人は多いため、シミや汚れがあっても高値で買い取ってもらえます。

お洒落なデザインならノーブランドでもOK

お洒落なデザインの長襦袢であれば、ブランド品ではなくても、買い取ってもらえる可能性があります。

最近のコスプレブームやインスタブームを受けて、お洒落なデザインの和装が若者に受けています。

ざっくりとした幾何学模様や刺繍入りの長襦袢、豪華な仮絵羽襦袢など、大胆な柄ものは需要が上昇中です。

個性的な着物と相性ばっちりなので、中古であっても数百円〜数千円の査定がつく可能性があります。

サイズの大きいものは需要あり

素材や柄に特徴がなくても、サイズが大きい長襦袢なら買取してもらえる確率が高いです。

丈が長いほうが売れやすいのは、着物をまとう人の体格が大きくなっていることが理由です。

昔の人に比べて、今の若者は身長が大きくなっています。

外国人の着物需要も増えているため、中古市場ではビックサイズの長襦袢がよく売れています。

手持ちの長襦袢が155cm以上であれば、捨てずに買取にだしてみましょう。

状態がいいのはプラスポイント

シミやほつれ、ヨレがないのは査定のプラスポイントになります。

正絹で作られていたり、お洒落なデザインの襦袢なら、思っていたよりも高い値段がつく場合もあります。

ただし、元値が安いポリエステル製の場合、状態が良くても買取不可になることが多いです。

買い取ってもらえない長襦袢の特徴は?

売却できない長襦袢の写真
素材や状態が良くない長襦袢は、残念ながら買い取ってもらえない可能性が高いです。

買取不可な長襦袢

  • ポリエステル製
  • シミやシワが多い
  • ほつれ、よれがある
  • サイズが小さすぎる

安価なポリエステル製のものや、経年劣化がある長襦袢は、査定自体を断られてしまうことも少なくありません。

とはいえ買取店によっては、値段がつかなくても引き取ってくれる場合もあります。

着物や帯などを売る予定があれば、ついでに引き取ってもらうのも一つの手だと言えます。

肌襦袢は新品なら買取OK

肌襦袢買取の写真
肌に直接触れる肌襦袢は、新品の場合のみ買取してもらえます。

肌襦袢は、洋服で例えるとブラジャーのようなもの。

近所のリサイクル店では買い取ってもらえないケースもありますが、着物専門の買取店であれば、数十円〜数百円の値段はつけてもらえます。

新品の肌襦袢を売りたい人は、裾よけや小物類をまとめて売ることで、査定アップが期待できます。

長襦袢・肌襦袢の買取額をアップする裏ワザ

高く売れづらい長襦袢と肌襦袢ですが、方法によっては査定額をアップできます。

長襦袢と肌襦袢を高く売るコツは、ずばり「セットで売る」ことになります。

着物や帯、小物をセットで売ると、買取店側も商品化しやすいため、見積もり評価が上がります。

長襦袢は着物とセットで売る!

黒留袖と正絹長襦袢の写真
長襦袢は、着物とセットで売ると、査定評価が上がります。

セットの方が査定が高くなるのは、着物と長襦袢の組み合わせルールが関係しています。

袖からチラッと見えてしまう長襦袢は、着物の格に合わせて柄や素材を選ばなければなりません。
      

着物の種類 合わせる長襦袢
黒留袖・色留袖 正絹の白無地、吉祥文様など
喪服 正絹の白無地
訪問着・付下げ 淡い色やぼかし染め
小紋 ポリエステル可、着物に合わせた色味
アンティーク物 着物に合わせた色味
濃い色、個性的な色味もOK
振袖 袂を着物に合わせたもの

留袖などの礼装は、正絹の白地襦袢にするのがマナーです。

タンスで眠っている留袖や喪服があるのなら、白無地の長襦袢とセットで売ることで、査定評価もプラスになります。

(喪服リンク)

振袖のように袂(たもと)が特徴的なものも、長襦袢選びに苦労する人が少なくありません。

長襦袢の袂が、振袖より長くても短くても、袖口からはみ出てしまうのが大きな理由です。

着物リサイクル店からすると、振袖と長襦袢がセットになっているほうが売り出しやすいため、査定交渉も前向きに聞いてもらえるでしょう。

(振袖リンク)

着物も長襦袢も、放っておくほど劣化してしまいます。

使う予定がないのであれば、価値が下がってしまう前に、まとめて売るのが賢い方法になります。

肌襦袢は和装小物とまとめ売り

和装小物買取写真
新品の肌襦袢が手元にあるなら、和装小物と合わせて売ると、査定をアップすることができます。

実際に、中古の着物ショップに行くと、肌襦袢などの小物類は、袋にまとめて入門セットとして売り出しているのをよく目にします。

肌襦袢とあわせて使う裾よけや足袋など、使わない小物があるなら、まとめて売りましょう。

おもな和装小物

  • 半襟
  • 足袋
  • 腰紐
  • 仮紐
  • 伊達締め
  • 裾よけ
  • 帯板
  • コーリンベルト
  • 重ね襟
  • 帯締め
  • 巾着
  • 襟芯

上記の小物類は、着付けをこれから習おうとしている人に需要があります。

高額査定にはなりませんが、売れる可能性は十分にあります。

ただし和装小物と肌襦袢をセットで持ち込んでも、リサイクル店によっては買取を断られてしまうケースがあります。

とくに質屋など、高額商品をあつかう店では、襦袢などの和装小物は一切見てもらえません。

呉服屋
長襦袢・肌襦袢を売るなら和装の販売に強い、着物専門のリサイクル店に依頼するのがベターです。

-着物の種類

Copyright© 【元呉服屋が解説】着物買取りで損をせずに売るための3つのコツと注意点 , 2018 All Rights Reserved.